時間がないときでも、さっと食べられるおにぎりは、日本のランチの定番ですよね。しかし、コンビニでも手軽に買えるメニューだと侮るなかれ。お米にこだわったおにぎりは、一味も二味も違うんです! というわけで、今回はおにぎり専門店で、その魅力を見つめ直すことにしましょう。

ぼんたぼんた
 

■注文を受けてからにぎる! おにぎり専門店「ぼんたぼんた 護国寺本店」

ぼんたぼんたの店内
 
訪れたのは、東京メトロ有楽町線・護国寺駅徒歩2分の「ぼんたぼんた 護国寺本店」。入店すると目の前にはカウンターとネタケースが!

一瞬、お寿司屋さんかと錯覚を起こしそうですが、このお店では寿司屋と同じように、注文を受けてからおにぎりをにぎってくれるのです。


■これこそ、日本の食卓! おトクな「ぼんたぼんたセット」

厨房でおにぎり作りを見せて頂きました
 
特別に、厨房でおにぎり作りの様子を見せてもらうことに。まずは、おにぎりの型にお米を盛り、その上に具材を乗せていきます。

ぼんたぼんたのおにぎり お米をのせて具材をサンド

さらにその上から、再びお米を乗せて具材をサンド。にぎりながら形を整えていきます。

海苔を巻き具材をトッピングしたら完成
 
海苔を巻き、上にも具材をトッピングしたら完成です。

ぼんたぼんたセット
 
こちらが、“THE日本の食卓”とでもいうべき「ぼんたぼんたセット」(1,000円)。150グラム相当のお好きな「大玉おにぎり」2個に、自家製からあげ2つ、日替わり惣菜、サラダ、漬物、なめことあおさ海苔の味噌汁、大福、さらにドリンクバーまでついたおトクなセットです。

筆者は「護国寺スペシャル」と名付けられた、じゃこ・油あげ・有馬山椒・ネギで和えたおにぎりをチョイス。ご飯がすすむ佃煮風の味付けで、グルメな方にオススメです。さらに、一番人気の王道・シャケをいただくことに。

ぼんたぼんたのおにぎり 半分に割ってみると具材がどっさり
 
半分に割ってみると、具材がどっさり。しっとりした海苔に包まれているのは、冷めてもパサつかないおいしいお米です。

材料の米は、農産物検査官が鑑定してつける最上級ランクの「一等米」。これを全国で約260人しかいない五つ星お米マイスターさんが精米しているのだとか。

ぼんたぼんたはサイドメニューも美味しくて満足
 
自家製の唐揚げは、竜田揚げのようにサクサクとした食感で、中はジューシー。う、うまい……! おにぎり目当てでしたが、サイドメニューもおいしくて得した気分♪ セットにすると、サラダや煮物がついてくるので、バランスよく栄養を摂れるのがいいですね。

ぼんたぼんたのデザートはおもちクリーム大福
 
デザートは、おもちクリーム大福。抹茶味の求肥の中に、生クリームとあずきが入っています。大福の味は、季節ごとに変わるそうですよ。こんなに食べて1,000円なら、決して高くはないはず!


■すじこ、うにくらげ、生ハム巻き…… 個性的な具材のおにぎりも!

ぼんたぼんた
 
おにぎり専門店に来たからには、変わりダネも食べてみたい! そこで、追加で単品をオーダーすることに。

左から、すじこ(大=500円、小=400円)、生たらこチーズ(大=280円、小=240円)、うにくらげ(大=230円、小=195円)。注文したのはすべて120グラム相当の小玉サイズで、コンビニのおにぎりほどの大きさです。

ぼんたぼんたの色鮮やかなすじこ
 
色鮮やかなすじこは、しょうゆの味がしみ込んでいて◎。たらこチーズは、和洋の組み合わせですが意外と合いますね。うにくらげは、酒かすで味つけされていて、コリコリとした食感でした。大人のおにぎり、という感じでしょうか。

バジルライスの生ハム巻き
 
月替わりメニューにも変わりダネが。生ハムで巻かれたこちらのおにぎりは、「バジルライスの生ハム巻」(250円)。

イタリアンテイストに仕上がっています
 
バジル、まつの実、にんにくなどを使っていて、ピザを彷彿させるようなイタリアンテイストに仕上がっています。チーズをトッピングしてもおいしそう。

ちなみに、「ぼんたぼんた」では、常時約30種類のおにぎりをラインナップ。好きな具材を組み合わせたり、ネギやチーズをトッピングしたりもできますよ♪

ぼんたぼんたでは1人あたり2個が平均だそう
 
パクパクと6個も食べましたが、お客さんの平均は1食あたり2個だそう(笑)。定番から変わり種まで、具材とお米のハーモニーを堪能できて大満足です。日本に生まれてよかった~!!

大満足で帰ろうとしたところ、スタッフさんが一言。「池袋にも系列店があって、そこの限定メニューもおいしいんですよ」。……な、なんだって!?


■「お、おにぎりが、た、食べたいんだなぁ……」 池袋店限定メニューも食べてみた

ぼんたぼんたの池袋店にも来ました
 
「もっとおにぎりが、食べたいんだなぁ……」

ということで、おにぎり好きな「裸の大将」を思い出しつつ、池袋駅にやって来ました(笑)。駅構内にある「ぼんたぼんた Echika池袋店」は、テイクアウトがメインで、イートイン用の席が数席用意してあります。

ぼんたぼんたの丸ごと塩ゆでたまごマヨ
 
お持ち帰りしたのは、池袋店限定の「丸ごと塩ゆでたまごマヨ」(250円)と「ぼんたのSPAMにぎり」(250円)。ボリューム満点なので、特に男性に人気があるそうです。

中には丸々ゆで卵が1つ
 
おにぎりの中には、本当に丸々1個ゆで卵が入っていました。周りの茶飯とも相性バツグンです。スパムおにぎりは、ほどよい塩気とマヨネーズの風味で、ご飯がどんどんすすみます。これなら何個でも食べられそう~。池袋店まで買いに行ってよかったんだなぁ(笑)。

「ぼんたぼんた」で改めて、慣れ親しんだおにぎりの魅力を再発見することができました。やはり、お米は元気の源ですね! みなさんもにぎりたての一等米おにぎりを食べて、お米のおいしさを再確認してみては?


◆今回紹介したお店
店名:ぼんたぼんた 護国寺本店
住所:東京都文京区音羽1-17-14 大林ビル1F
▼ぼんたぼんたのLINE@アカウントを友だちに追加して、詳しい店舗情報を入手!
友だち追加

▼LINE@公式アカウントから、お役立ち情報をお届け! 
友だち追加

【こんな変わりめしもいかが?】

■LINE@で店舗を探す方法(LINE公式ブログ)

(名久井梨香+ノオト)