素手で岩を登るスポーツ「ボルダリング」が、“出会いの場”として注目されているそうです。男性がサポートしてくれたり、スルスルと壁を登ったりする姿に胸キュンする女性が増えているのだとか……。

本当にそんな展開が待ち受けているのでしょうか? さっそく都内のスタジオでボルダリング体験に行ってみました。

AZABU B2

■イケメンスタッフもいるボルダリング専用ジム 「AZABU Bouldering Gym B2」
 
やってきたのは麻布十番駅と白金高輪駅から徒歩8分の「AZABU Bouldering Gym B2(麻布ボルダリングジム ビーツー)」。昨年8月にオープンしたばかりのボルダリング専用ジムで、“ボルダリング合コン”などのイベントも開催しているそう。

会員登録からスタート

初めての方は、まず会員登録からスタート。続いて、ボルダリングのルールや注意に関する動画を観ます。初心者でも、ここで解説を聞けばルールなどをひと通り理解できるので安心です。

余談ですが、筆者は「ボルダリングは、ちょっとした気の緩みが大きな事故につながります」という注意喚起にビビりまくってしまいました……。

女性にうれしいパウダールーム♪

更衣室は男女別になっており、女性にはうれしいパウダールームや鍵付きロッカーも完備! どんな服装でもいいそうですが、Tシャツやジャージなど動きやすい服装が◎。

AZABU B2 マネージャー白壁さん

講師を務めてくれるのは、マネージャーの白壁允(しらかべまこと)さん。笑顔が爽やかなイケメンです……! ずっと野球少年だったそうですが、基礎練習のために友人に誘われてボルダリングデビュー。その難しさと達成感を味わううちにどっぷりハマってしまったそうです。名字に“壁”が入っているのも、ボルダリングとご縁があったのかもしれませんね。


■レンタルシューズ&チョークで準備完了! 初心者は「1st step」から

専用シューズのレンタルは300円
 
「AZABU-B2」では、専用シューズのレンタルが300円。サイズはちょっとキツめがいいそうです。ストッキングやタイツの方は、靴下を持ってくることを忘れずに。

ピンク色の液体チョーク

こちらの滑り止めの液体チョークも100円でレンタルOK。普通は白色ですが、女性のためにピンク色のチョークを白壁さんがオリジナルで作ったそうです! イチゴの甘~い香りがします♪

筆者は運動音痴。はたして・・・

手のひらに出して数秒乾かすと、こんな風に真っ白に。ちなみに、筆者は大の運動音痴。逆上がりはできないし、飛び箱も4段までしか飛べず、これまで運動というものを避けて生きてきました。まともに運動をしたのは、おそらく中学校の体育の授業が最後……。はたして、本当にボルダリングなんてできるのでしょうか?

いよいよスタジオへ

さあ、いよいよスタジオへ。壁一面にカラフルな岩(ホールド)が! まるでアート作品のよう。

初心者向け「1st step」

まずは、初心者向けの「1st step」から。壁の傾斜が80度、90度、100度の3段階になっており、度数が高いほど、手前に反るのでレベルが高くなっていきます。

10級~初段までさまざまなグレード

ボルダリングは、スタートからゴールまで指定のホールドだけを使って登り切るのが基本ルール。各コースは図のように色分けされ、10級~初段以上までのグレードがあります。

「あまり難易度に縛られないことが大事です。登り続けているうちに、3~4ランク上のコースまでクリアできることも珍しくありません。難しいという先入観を持つと、登れなくなってしまいますから」と白壁さん。

よくみると、亀などの形をしたホールドも

グレード別の色付きテープに書かれた数字がコースの目印。足はどのホールドを使ってもOKなコースと、足も指定のホールドだけを使うコースの2種類があります。よくみると、亀などの動物の形をしたホールドがあってかわいい♪


■キュンキュンしまくり!? 運動神経関係なく、誰でも楽しめるボルダリング

白壁先生のお手本

最初は白壁さんがお手本を見せてくれました。軽やかに登っていく姿がかっこいい……! 

いざ、チャレンジ

というわけで、筆者もいざ実践。壁の傾斜がキツいと体がぶらーんと左右に振られ、バランスを崩しそうになります。しかし、“絶対に落ちたくない”というある種のビビり根性(?)が功を奏して、自分でもびっくりするほどの瞬発力と筋力を発揮できました。私にもこんな力があっただなんて!

先生手本

「ボルダリングはこれから筋肉をつけるというよりも、今ある筋肉の潜在能力を引き出すスポーツ。火事場の馬鹿力のように、日常生活では発揮されないパワーを使って登ります」(白壁さん)

ちなみに上級者になると、傾斜で体が左右に振られる反動をうまく利用して登るそうです。アクロバティックな達人ワザに思わず拍手……!

先生のフォローに胸キュン

ボルダリングは体力や筋力だけでなく、どの順番でどこへどういう順番に手足を出していくのかシミュレーションする頭のスポーツでもあります。行き詰まったら、白壁さんがレーザーポインターで次の動きをやさしくフォローしてくれました。これにも胸キュン!

ちなみに、4つのコースに挑戦してすべて登り切ることができた筆者は、「ボルダリングのセンスがありますよ!」と褒めていただきました。運動神経はさほど関係ないようです。コースをクリアした瞬間の達成感は病みつきになりそう~。


■常連さんのスタイルがバツグン! ダイエット効果&出会いの場に恋の予感……

AZABU B2

常連のお客さんは、スタイルがバツグンの方ばかりで、ボルダリングを続けていけば、全身の無駄なお肉とおさらばできそうです。

ジムには、大会を目指す人もいれば、毎日のライフワークとして会社帰りにサクッと楽しむ人など、いろいろなレベルの方が集まるそう。マイペースに楽しめるスポーツなんですね。

160度の壁に挑戦

最後に白壁さんが、ジムの中で角度が最もキツイ160度の壁を登ってくれました。壁というより、もはや天井です!

スパイダーマンみたい♪

何度も体勢を入れ替えながら登っていく姿は、スパイダーマンのよう(笑)。グッと力のこもった腕の筋肉にドキッとします。

「何度挑戦してもだめだったコースが、翌日になったら簡単に登れるようになることもあります。継続が大事ですよ」(白壁さん)

実際にボルダリングを体験してみて、胸キュンポイントがたくさんあることを実感しました。誰かが登っているのを見たり、登るルートのアドバイスをもらったりと、ゆっくり休憩しながら楽しむこともできます。知らない人とも自然な形で会話できたりするので、恋が芽生えるというウワサも納得です。

恋の予感がたくさんある穴場に加え、全身運動でダイエットにもなるなんて、これはもうボルダリングにチャレンジしない理由がない!? みなさんもこの春、思い切って挑戦してみてはいかがでしょう?

【期間限定LINE@友だち割引キャンペーン】
店頭で「AZABU-B2」のLINE@アカウントを友だち追加した画面を見せていただくと、初回ご来店時に500円オフ!(4月30日まで)。

(名久井梨香+ノオト)

◆今回紹介したお店
店名:AZABU-B2
住所:東京都港区三田5-2-30 B2F 
▼AZABU-B2のLINE@アカウントを友だちに追加して、詳しい店舗情報を入手!
友だち追加

▼LINE@公式アカウントから、お役立ち情報をお届け! 
友だち追加


■LINE@で店舗を探す方法(LINE公式ブログ)