友だちと楽しく一緒に、はたまた一人でのんびり優雅にティータイム。カフェは、いつでもちょっとした安らぎを与えてくれる街のオアシスです。今回は、そんななかから北海道から沖縄まで全国に存在する注目の「ユニークカフェ」をご紹介します。

魔法庵モフォン

 
■メニューはメープルずくめ! 「GAGNON」(北海道札幌市)
 
まずは、北の大地・北海道にある「GAGNON(ギャニオン)」から。

GAGNON

カナダ人オーナーがいるメープルシロップ専門店。併設されたカフェでは、パンケーキなどのスイーツやオリジナルドリンクのほか、カレーなどの隠し味まで、すべての料理にメープルシロップを使っているのだとか。ビタミンとミネラルを豊富に含んでいながら、ほかの甘味料よりもカロリーが低いメープルシロップは、女性の強い味方! 木の温かみが感じられる店内に入れば、あっという間に気持ちがカナダへトリップしちゃいそうです。

住所:北海道札幌市西区二十四軒四条 7-5-14
▼LINE@アカウントを友だち追加して、詳しい情報を入手!

友だち追加   

■新感覚のハイテクカフェ!? 「BOOKSHELF CAFE 」(東京都中央区)
 
ビジネスの中心地・東京からは、「BOOKSHELF CAFE(ブックシェルフ カフェ)」をピックアップ!

BOOKSHELF CAFE
 
「BOOKSHELF CAFE」は、iPadや各種タブレットを20台以上常設しているハイテクなお店。実は、システム会社が運営しているカフェなんです。店内にずらりと並ぶ端末で、電子書籍や新聞を読むことが可能。もちろんWi-Fiや電源も完備しているので、ノマドやスキマ時間の活用にもピッタリ! 店内では社長の実家から直送される「あきたこまち」を精米しており、ランチタイムは玄米も選べるそう。便利なだけでなく、体にやさしい料理を味わえることも、ビジネスパーソンにはうれしいポイントですね♪

住所:東京都中央区日本橋浜町2-35-4 日本橋浜町パークビル1F
▼LINE@アカウントを友だち追加して、詳しい情報を入手!

友だち追加   


■もっちもちの小麦スイーツが味わえる 「魔法庵」(三重県桑名市)
 
次にご紹介する「魔法庵」は、新食感のスイーツが味わえるカフェだとか……。

 魔法庵モフォン

地元で採れる希少な「もち小麦」を取り扱う「魔法庵」。提供するスイーツは専属パティシエが併設の工房で作り上げています。“まぼろしの小麦”を贅沢に使ったシフォンケーキ「モフォン」(550円)は、もっちもちの新食感~!オンラインショップでも大人気のメニューとのことです。 そのほかにも、契約養鶏場の卵や四日市酪農のバター、低温殺菌牛乳など、その土地ならではの厳選素材を使っているそう。ゆったりとした空間で、くつろぎの魔法にかけられてください♪

住所:三重県桑名市星川785 (サンシティ駐車場内)
▼LINE@アカウントを友だち追加して、詳しい情報を入手!

友だち追加   
  
 
■宇治川のほとりではんなり♪ 老舗あめ屋の「憩和井」(京都府宇治市)
 
続いては、京都観光でふらりと立ち寄りたい「憩和井(いわい)」です。

憩和井
  
手作り京あめの老舗「岩井製菓」がプロデュースする甘味処は、世界遺産の平等院近くの宇治川沿いにあります。イチオシは、米あめとザラメを地釜で炊きつめ、うまみを凝縮した看板商品「あめのもと」を使ったこだわりの「ひやしあめ」 (400円)。自分ですりおろすショウガとの相性はバッチリ! そのほかにも、わらび餅やソフトクリームなど、京都名物の本格宇治抹茶を使ったメニューがずらり。宇治川のほとりで絶品スイーツをおあがりやす~。

住所 :京都府宇治市宇治蓮華5-6
▼LINE@アカウントを友だち追加して、詳しい情報を入手!
友だち追加   


■医師が監修する超健康食!?  「Dr's cafe camu」(山口県周南市)
 
さらに西に進み、世にも珍しい「Dr's cafe camu(ドクターズカフェ カム)」をご紹介します。

Dr's cafe camu
 
予防医療に力を注ぐ「海風診療所」が監修しているカフェは、玄米と野菜を中心にした“陰陽五色”のメニューが特徴。できるだけ野菜の皮やアクなども生かし、自然の恵みを丸ごと味わえる工夫をしているそうです。豊富な食物繊維で腸内環境を整えてくれる日替わりランチや、糖質を制限したダイエットプレートのほか、天然素材のきび糖などを使ったスイーツも用意。健康への配慮は、動物性脂肪の乳製品を避け、コーヒーにはミルクではなく豆乳ホイップを添える徹底ぶり!

住所:山口県周南市梅園町1-38 トレーフル・プリュス1階
▼LINE@アカウントを友だち追加して、詳しい情報を入手!

友だち追加   


■オーシャンビューを眺めながら…… 「浜辺のキッチン もめんばる」(沖縄県中頭郡)
 
最後は、南の島へひとっ飛び。絶景が楽しめる「浜辺のキッチン もめんばる」です。

浜辺のキッチン もめんばる
 
読谷村(よみたんそん)の木綿原(もめんばる)遺跡からほど近いこのカフェの魅力は、何といっても目の前に広がる美しい沖縄の海! 夕暮れどきはロマンチックなムードに浸れそう……。アグー豚や島豆腐、アンダンスーという油みそをクレープ状の生地で巻いた伝統的なお菓子「ポーポー」など、沖縄名物が味わえます。開放的なテラス席で、忘れられないひとときを。

住所:沖縄県中頭郡読谷村渡具知502-1
▼LINE@アカウントを友だち追加して、詳しい情報を入手!

友だち追加   


北海道から沖縄まで、ユニークなカフェの数々。あなたが訪れてみたいお店は見つかりましたか? 今回ご紹介したカフェ以外にも、LINE@には素敵な店舗情報が満載。ぜひ店舗アカウントをチェックしてみてくださいね。

▼LINE@公式アカウントから、お役立ち情報をお届け!
友だち追加


 
■LINE@で店舗を探す方法(LINE公式ブログ)